東京都あきる野市の個別指導塾チャレンジ学習塾

チャレンジ学習塾の6つの特徴

特徴1

プロの講師が一人ひとりにあったカリキュラムを作成します。

専属講師がお子様の勉強の進み具合によってカリキュラムを作成します。曜日の度に教える人が変わったりという事は起こりません。お子さま一人ひとりに対して常に質の高い指導をおこなっております。

特徴

保護者の方と緊密に連携してお子様のやる気を上げ続けます

定期的にメールやニュースレターを配信しており、塾での状況をお伝えします。ご家庭でお子様と会話をする際の情報をご提供します。又、勉強だけでなく、学校での相談も親身になってお受けしております。お子様の成長を塾と家庭の両方でサポートしていく体制を構築していきます。お子さまがどんな所で努力しているか、つまづいているかを理解してあげてください。

特徴3

好きな曜日、好きな時間にこれます。家庭学習もサポートします

急な曜日変更や時間変更も簡単に電話一本で行えます。時間も15分刻みで選べます。部活や習い事との両立に悩んでいるお子さまにはピッタリです。また、家庭学習についてもしっかりとサポートする体制をとっております。

特徴4

解らなくなった最初の場所を発見し戻って学習します

勉強が苦手な生徒が言う言葉が、「わからないところがわからない」「何をやればいいのかわからない」です。チャレンジ学習塾オリジナルの診断テストで苦手(わからないところ)をピンポイントで見つけます。これは実はアルバイトの先生だと結構難しい作業です。見つけた弱点は、たとえ中学2年生でも必要に応じて小学5年生までさかのぼり個別カリキュラムを作成し忍耐強く教えていきます。

特徴5

定期テストでしっかり点が取れる方法があります

定期テストの範囲を2回繰り返して勉強します(2周学習)学校でもテスト範囲を勉強するので、合計3周勉強します。そして定期テスト前には、独自の模擬テストを作成。これで学力アップは間違いなしです。

                   
特徴6

英語が苦手な子のための特訓授業あります

読む力、書く力を伸ばすカリキュラムをご用意しております。定期テスト、入試問題はもちろんの事、長期的にも実践的に使える英語が身につきます。

お子様やお母様のお悩みは何ですか

□ 塾に行ってるけど成績が伸びない・・・
□ 勉強の方法がわからない・・・
□ 学校の授業についていけない・・・
□ 英語、数学の点数がなかなか上がらない・・・
□ 定期テスト対策に何をやればいいかわからない・・・

ひとつでも当てはまる場合はお電話ください! 当塾がお悩み解決いたします


2週間の無料体験のご予約はこちらから↓

チャレンジ学習塾

〒197-0804
東京都あきる野市秋川1-1-13 303
(秋川駅北口ロータリーすぐ コメダ珈琲まえビル3F)

御予約はこちらかも可能です
電話 042-533-3963

塾生の在籍小学校 中学校

この塾には様々な小学校、中学校から生徒が来てくれております

五日市小 五日市中 増戸中 一の谷小 西小 西中 秋多中 南秋留小 東秋留小

前田小 御堂中 草花小 福生第七小 大久野小 平井中 平井小  福生第三小

秋川文化幼稚園年長組(ロボット)屋城保育園年長組(ロボット)




中学3年生の時の思い出

私は中学校3年の夏に自分が偏差値37点である事を始めて知りました

それまで野球部キャプテンや生徒会長、応援団長などをやって中学校

をそれなりに楽しんでおりましたが、勉強はほとんどやった記憶がありませんでした。

ただ自分が「かなり勉強は得意ではないな」、とは薄々気づいていましたが、

その事実に蓋をしたままその時期までほったらかしていました。

事実が明るみになったのは、中学3年生の6月頃、友達に誘われて受けた模試でした。。

あちゃ~という気分でしたが薄々はこうなるのは気づいていたのを記憶しております。

ただそんな私にもその時漠然とやりたい事がありました。 

それは高校に行ったらアメリカに行きたいという事でした。

実はその時に知ったんですがアメリカに行くには日本の普通科高校に

行く必要があったのです。

それも結構上位校でないとほぼ無理であろうという事もその時知りました。

(これらは頭が良かった兄に教えてもらいました。誰が考えても

分かりそうなものですが当時の私はそれほど何も考えていませんでした。)

それで工業高校に“しか”行けないであろうといわれた私は、その時“自分がやりたい事

ができないし、それだったらなんで高校なんていくんだ?”と本当に目の前が暗く

とても悔しい思いをしました。今まで勉強をやっていなかった自分に対してや、

それに対してあまりとやかく言わなかった両親にたいしてまでも恨むような気持に

もなったものです。(ものすごい逆恨みですけど)

大人がよく言う”可能性が狭まる”とはこの事か!と地団駄踏む思いをしました。

工業高校が悪いという事ではなく、選択肢がない事に頭がくらくらしました。

それで、私はどうしたかといいますと、

とにかく自分がやりたい事に関してはいやでも勉強する必要があると知った中3の夏、

勉強を一からやり直すべく、小学校5年生ぐらいの教科書から始めました。

中3の夏ですからみんなが模擬試験や入試について話し始める頃でした。


この事については、まだまだ書く事は山ほどありますが、

結論から言いますと、私は猛勉強をしまして、偏差値を60まで上げ、

学区内でNo3の公立高校を周囲の反対を押し切って受けて、見事合格しました。

友達や学校、夏から通いだした塾の先生たちなど私の合格は皆を驚かせました。

私のこの経験から言いますと、さかのぼって勉強するのはとてもつらい作業なんです。

”なんか恥ずかしい”とか”今の勉強はどうなるの?”など結構困難な作業です。

私はこの塾ではそんな思いをしなくてもいいように、

またもしも、そんな思いをしなければいけない生徒たちには

一生懸命親身になって教えていこう、いいガイド役になろうと考えています。

又、それ以前に”なぜ自分は勉強するのか”、をよく考えてほしいと想っています。

私はとにかくそういう想いで日々教えております。

教室案内

チャレンジ学習塾

〒197-0804
東京都あきる野市秋川1-1-13 303
(秋川駅北口ロータリーすぐ コメダ珈琲まえビル3F)

042-533-3963